原麻里子 アナウンサー、社会人類学者、慶大講師、元テレビ朝日アナウンサー、元BBCワールドサービスプロデューサー、ケンブリッジ大学院論文修士 info@haramariko.com twitter id @haramariko
by anthropologist
カテゴリ
全体
英国
人類学
ケンブリッジ大学
BBC
韓国の男女平等政策
ナショナリズム
女性と政治
日本ニュース
男女共同参画
マスメディア

ネコの散歩
アート
日本社会
ホームページ
スピーチ講座
Twitter
以前の記事
2010年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


韓国に学ぼう!女性議員候補「クォーター制」導入


7月22日に予定されている参議院選挙結果が注目されている。日本は女性の政治的過少代表の問題が大きい国である。即ち、女性議員の議会における割合が有権者の女性の割合を大幅に下回っている。韓国では、その問題の解決のため、国会議員比例代表候補、広域議会比例代表候補と地域区選出候補に女性を一定数割り当てる「クオーター制」が導入され、〇四年の総選挙後、現在、女性国会議員比率は改選前の五・九%から改正後は一三・四%と二倍以上に高まった。日本の一〇・七%よりは高いが、「人間開発報告書」(二〇〇六年)の調査対象国平均の一八・五四%に及ばず、上位三〇ヵ国平均の二六・六七%の半分にも満たない。さらに、女性の議員増加の方策が議論されている。しかし、今回の参議院選では、各党とも女性候補者を増やしているようだが、日本で女性議員「クオーター制」が導入されないのは何故であろうか?

無断転載を禁じます。 原麻里子
by anthropologist | 2007-06-17 15:12 | 女性と政治
<< ケンブリッジ大学 社会人類学科... 「日本ニュース」ー戦時中のニュ... >>