原麻里子 アナウンサー、社会人類学者、慶大講師、元テレビ朝日アナウンサー、元BBCワールドサービスプロデューサー、ケンブリッジ大学院論文修士 info@haramariko.com twitter id @haramariko
by anthropologist
カテゴリ
全体
英国
人類学
ケンブリッジ大学
BBC
韓国の男女平等政策
ナショナリズム
女性と政治
日本ニュース
男女共同参画
マスメディア

ネコの散歩
アート
日本社会
ホームページ
スピーチ講座
Twitter
以前の記事
2010年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ケンブリッジ大学 トライポス(優等学位試験)2 年度末試験

 試験問題の作成は答案の採点も担当するファースト・リーダー(First Reader)、セカンド・リーダー( Second Reader)と呼ばれる複数の教員が行う。これらの教員は試験委員会(Examiners Committee)に所属する。
 ファースト・リーダーが問題を作成、セカンド・リーダーがその問題が適否を確認する。そして、試験委員会で他の教員たちと設問を検討し合い、試験問題は完成する。さらに、他大学の教員も加わり、試験問題を自分の大学と同じレベルになるように調整する。
 原則として、ファースト・リーダーが採点するが、点が高すぎたり低すぎたり、ファーストかアッパーセカンドかというボーダーラインのとき、セカンド・リーダーも採点するという。多いときは1枚の答案を4人が読んで、意見が分かれるときには、さらに、学外からの試験官も採点に加わる。この場合は、最終的には、学外の試験官が点数を決める。
 学外の試験官が試験委員会に加わるのは英国中の大学が同じレベルの問題・採点基準になるように調整するためである。これはA大学の社会人類学科とB大学の社会人類学科を卒業した学生は同じ成績ならば、A大学の方が入学は難しくても、卒業時には同じ学力を持っているということになる。英国中の大学がこのようなネットワークで結ばれている。
 外部評価制度があるので、教員の学生への温情はきかない。学生たちは大学の学業において努力をしなければ、学位が取得出来ない。

無断転載を禁じます。 原麻里子

 
by anthropologist | 2007-06-29 14:41 | ケンブリッジ大学
<< 「リリーへの手紙」 アラン・マ... ケンブリッジ大学 トライポス(... >>