原麻里子 アナウンサー、社会人類学者、慶大講師、元テレビ朝日アナウンサー、元BBCワールドサービスプロデューサー、ケンブリッジ大学院論文修士 info@haramariko.com twitter id @haramariko
by anthropologist
カテゴリ
全体
英国
人類学
ケンブリッジ大学
BBC
韓国の男女平等政策
ナショナリズム
女性と政治
日本ニュース
男女共同参画
マスメディア

ネコの散歩
アート
日本社会
ホームページ
スピーチ講座
Twitter
以前の記事
2010年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


オックスフォード・ケンブリッジ大学対抗ボートレース

 19世紀、カレッジの学生の大半はパブリック・スクール出身であったが、そのパブリック・スクールが団体競技を取り入れた。その中でも、ボートは運動競技のステイタス・シンボルとして広く認められていた。1829年に、テムズ川上流のヘンリー(Henley) で、最初の両大学対抗ボートレースが開かれた。
 カラーは、ケンブリッジはライトブルー(水色)で、これをケンブリッジ・ブルーと呼ぶ。オックスフォードはダークブルー(紺色)である。そこから、両大学とも、大学代表選手をブルーと呼ぶ。そして、両大学の代表選手をライトブルー、ダークブルーと呼ぶ。
 1836年、ロンドンのテムズ川のウエストミンスターからパットニー間で、2回目のボートレースが開かれた。この場所は両大学にとって便利であったので、レース場に選ばれた。それ以降、毎年、テムズ川で両校のボートレースが行われるようになった。1849年に、パットニー・ブリッジ(Putney Bridge)からスタートし、下流のチズウィック・ブリッジ(Chiswick Bridge)がゴールの4マイル374ヤード(約9.8キロ)の現在のコースになった。1880年代には、オックスフォードとケンブリッジのボートレースが普通のロンドンっ子の間で興味をもたれ、新聞がその記事を掲載するようになった。
 今では、ザ・ボート・レース(the Boat Race) と呼ばれ、テレビ中継もされ、国民的な人気を博す英国の年中行事である。新聞では、各大学の選手紹介やコース紹介のみならず、テムズ川沿いのパブを紹介したりして、レースを盛り上げる。実は、私がBBC赴任の最初の日、このボートレースがあり、早速、ゴールのところの雰囲気を録音したのであるが、テムズ川沿いだから、一般の人も無料で見に来られる。だから、大変な混雑ぶりであった。当日、出勤していた日本語部の人たち全員で観戦を兼ねて出かけた。収録後、皆で、どこかのパブで一杯と思いつつ、どのパブも一杯で入れず、結局、オールドウィッチにあるBBCまで歩いて帰って来て、食堂で紅茶を飲んだのも思い出である。
 例年、ボートレースは大学がイースター休暇中の3月末の日曜日に行われる。2005年3月の第151回ボート・レースはオックスフォードが優勝した。トータルでケンブリッジが77勝、オックスフォード72勝である。
 レース中は、テムズ川の北にオックスフォード、南にケンブリッジの学生が陣取る。応援は「ケンブリッジ」「オックスフォード」と呼ぶだけ。両校とも、チアリーダーも校歌も応援歌もない。英国の春を代表するボートレースのあっさりした応援ぶりには肩透かしである。
 ケンブリッジ大学内ではカレッジ対抗のボートレースも行われる。1827年にユニバーシティーボートクラブの土台が出来て、初めてのカレッジ間のバンプ(bump)というボートレースが始まった。そのときは、5つのカレッジが参加し、バンプスと呼ばれるようになる。 ボートクラブのディナーは、どのカレッジでも最も騒々しいものとして知られている。

無断転載を禁じます。 原麻里子

by anthropologist | 2007-07-08 08:18 | ケンブリッジ大学
<< ケンブリッジ大学 コングリゲー... ケンブリッジ大学の冬 エンブレ... >>