原麻里子 アナウンサー、社会人類学者、慶大講師、元テレビ朝日アナウンサー、元BBCワールドサービスプロデューサー、ケンブリッジ大学院論文修士 info@haramariko.com twitter id @haramariko
by anthropologist
カテゴリ
全体
英国
人類学
ケンブリッジ大学
BBC
韓国の男女平等政策
ナショナリズム
女性と政治
日本ニュース
男女共同参画
マスメディア

ネコの散歩
アート
日本社会
ホームページ
スピーチ講座
Twitter
以前の記事
2010年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マルコフ毒殺事件ー英国の有名な未解決の殺人事件


 今、英国とロシアは、ロシアの元情報将校リトビネンコ氏の毒殺事件を巡って、外交官を国外追放にするというという緊張関係が深刻化している。これはBBCのブルガリア放送のプロデューサーマルコフ氏殺人事件を思い起こさせる。マルコフ氏は東側諜報機関によって毒殺されたといわれていた。スパイ小説さながらの事件であった。

ゲオルギ・マルコフーブルガリア前共産党政権批判勢力のシンボル

ブッシュ・ハウスでは東側の反体制派の知識人は数多く働いていたが、その中では、ブルガリア語放送のスタッフであったゲオルギ・マルコフが最も有名であろう。

 マルコフはブルガリア時代は著名な劇作家・小説家であったが、一九六九年に西側に亡命。ロンドン移住後は、ワールド・サービスのブルガリア語放送のみならず、自由ヨーロッパやドイツの放送局のために働いていた。マルコフは放送の中でブルガリアの共産党政権を強く非難し、特に、当時のトドル・ジフコフ国家評議会議長の政治を独裁的と厳しく批判した。マルコフの放送はブルガリアにおける反体制派の活動を鼓舞するものとみなされていた。一九七〇年代に、
ジフコフ議長は国家評議会でマルコフのラジオ放送を中止させたいと語ったといわれる。

一九七八年九月七日、マルコフはロンドンのウォータールー・ブリッジのバス停でバスを待っているとき、傘に仕込まれていた毒薬リチンを体内に打ち込まれ、死亡した。四九歳であった。
彼の死について調査した検視官はマルコフは「非合法的に殺害された」と結論付けた。これは、KGBとブルガリアの秘密警察の仕業であると広く信じられてきたが、犯人は不明であった。一九八九年、共産党政権崩壊後、ブルガリア内務省で大量の改造した傘が発見された。

 一九八九年晩秋、私はマルコフ関連番組制作のため、英国人の妻アナベル・マルコフ夫人を訪ねた。かつて、BBCのスタッフであったアナベルは、ロンドン南郊クラッパムのミドルクラスの住宅街に、二人の愛娘サーシャと住んでいた。

 アナベルは、マルコフが攻撃された九月七日はジフコフ議長の誕生日であり、二日後のブルガリア共産党政権樹立記念日にマルコフが死ぬことが意図されていたが、マルコフは、それよりは少し長く生き、殺害者の意向を挫いたと話した。九月十一日、マルコフは亡くなった。

 一九九八年九月、マルコフの死後二〇周年にあたり、当時のブルガリアのストヤノフ大統領は、BBCに対し、マルコフの暗殺は前共産主義政権時代の最も暗い事件であると語った。そして、ストヤノフ元大統領は、ブルガリアの元秘密警察が証拠を隠滅したとしても、ブルガリア当局はこの事件の捜査を続けると述べた。 しかし、マルコフの死に関するファイルは大量に処分され、また、それに関与した人は自殺していた。二〇〇〇年に、ブルガリアでは、この事件の捜査は打ち切られた。

 これは、英国の最も有名な未解決の殺人事件であったが、その容疑者が浮かび上がってきた。二〇〇五年五月六日の「サンデータイムズ」によると、ブルガリアの日刊紙(Dnevnik)が、秘密警察のファイルの内容をリークし、マルコフ殺害の容疑者を割り出した。 ソフィア在住のジャーナリストが六年かけた調査で発見した書類によれば、共産党時代、ブルガリア秘密警察がイタリア生まれのデンマーク人エージェントにマルコフ殺害を命じたという。これは、ジフコフ議長が正式に許可した政治的暗殺の一つであった。 このリークを受けて、スコットランドヤードは「入手可能な新しい情報」を調査中であると発表した。

 今でも、マルコフはブルガリア人にとっては、前共産党政権を批判する人たちのシンボルであり続けている。

原 麻里子 「BBCワールド・サービス」(『ソフィア』第54巻第2号) 2005年夏季号 pp.213-15 無断転載を禁じます。

by anthropologist | 2007-07-19 16:07 | BBC
<< BBC時代の元同僚 毎日放送伊... ケンブリッジ大学詣で >>