原麻里子 アナウンサー、社会人類学者、慶大講師、元テレビ朝日アナウンサー、元BBCワールドサービスプロデューサー、ケンブリッジ大学院論文修士 info@haramariko.com twitter id @haramariko
by anthropologist
カテゴリ
全体
英国
人類学
ケンブリッジ大学
BBC
韓国の男女平等政策
ナショナリズム
女性と政治
日本ニュース
男女共同参画
マスメディア

ネコの散歩
アート
日本社会
ホームページ
スピーチ講座
Twitter
以前の記事
2010年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ケンブリッジは大学町


 ケンブリッジはロンドン北東部約100キロにある大学町である。英国人はローマ人が定着した街を大変自慢にする。ケンブリッジも、AD70年から5世紀初めまで、ローマ人が住み着いた。ケンブリッジは重要な交通の要で市場があった。ローマ人の後は、アングル(アングロサクソン)人、デーン人、ノルマン人が移住してきた。そして、1109年、ケンブリッジは16マイル(約26キロ)離れたイーリー司教の管轄下に置かれ、1200年までに商業の中心地になっていた。

ロンドンのキングス・クロス駅からケンブリッジ駅まではノンストップの急行で1時間弱。シティのリバプール・ストリート駅からも列車が出ているが、急行で1時間20-30分位である。ロンドンの通勤圏内ともいえるので、ロンドンへ通勤する人もいる。車ではロンドンからM25かM11 で1時間30分である。

b0048021_21513041.jpg


ケンブリッジは大学町でありキャンパスはない。ある特定の建物や区域が大学というのではなく、大学の施設は街中に散在して、大学と街の間には境界がない。ケンブリッジは、あふれる 樹木に大きな公園があり、そこでは、牛がのんびり草をはみ、カレッジの庭には芝生やテニスコートがある美しいところである。

b0048021_21523684.jpg   英国の建築には、グリーク、ローマン、ゴシック、ネオクラシカル、テューダー、ビクトリアン、ジョージアンなど様々な様式があり、建築の流行が何度も変わってきた。しかし、ケンブリッジのカレッジの建物は何世紀間に渡って次々に建てられたので、様々なスタイルが混在している。建物のデザインに統一性はないが、英国人はこうした方法こそが継続性を示すものであり、伝統があって格が高いと考えるようである。しかも、英国人は新しいものが好きな上に美しさに囚われてはいけないと思っているということもあり、デザインが醜くともかまわまず、新しいスタイルの建物を建てる。例えば、歴史学部の図書館はピラミッドのようなガラス張りの天井を有する建物である。しかし、私が留学中には、そのガラスの外側の屋根の掃除をすることが出来ずに、その掃除案を募っているとも聞いた。

学部や学科・研究所の建物は現代のものが多く、所謂歴史があって荘厳・素晴らしいとはいうようなものではない。私は自らが所属した社会人類学科を初めて訪れたとき、これが世界に冠たるケンブリッジの社会人類学科かと思うほど、建物の小さな一角を占めているだけであった。

b0048021_2184934.jpg


       (社会人類学科の建物前で同級生と)

写真でよく見られるケンブリッジの荘厳な建築の多くはカレッジ所有である。美しい建物と醜悪な建物が入り混じっているのがケンブリッジである。しかし、どのカレッジも工事をしているのが常というのは不思議である。カレッジが、建物を修理する際には、日本のように、予算を組んで大修繕するのではなく、継続的に少しずつする。従って、古いカレッジはいつも工事中ということになる。

尚、ケンブリッジ大学の学長はエリザべス女王の夫君であるエディンバラ公、ヴァイス・チャンセラー(Vice Chancellor)と呼ばれる副学長はアリソン・リチャード博士(Dr. Alison Richard)で、彼女が実質的な学長である。

無断転載を禁じます。 原 麻里子

by anthropologist | 2007-07-28 11:03 | ケンブリッジ大学
<< 「アリランテレビ」と「KBS ... 陣内やすこ議員の八王子市議会レポート >>