原麻里子 アナウンサー、社会人類学者、慶大講師、元テレビ朝日アナウンサー、元BBCワールドサービスプロデューサー、ケンブリッジ大学院論文修士 info@haramariko.com twitter id @haramariko
by anthropologist
カテゴリ
全体
英国
人類学
ケンブリッジ大学
BBC
韓国の男女平等政策
ナショナリズム
女性と政治
日本ニュース
男女共同参画
マスメディア

ネコの散歩
アート
日本社会
ホームページ
スピーチ講座
Twitter
以前の記事
2010年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ケンブリッジ大学の女子学生今昔物語

 ケンブリッジ大学が英国のメリトクラシーにとって重要な機関であるからには、女子学生のことも見てみなければいけない。

 ケンブリッジ大は女子学生が多い。 2003-4年度の学生数は(教育学部とcontinuing educationは含まれない)、学部の男子学生6015人、 51.2% 女子学生5735 人48.8% 計11751 人であり、大学院生は男子 3307人 55.4% 女子2660 人44.6 %計5967人。総計男子 9322人、52.6% 女子 8395人 47.4% 総計 17718人である。女子学生が約半分である。

 しかし、長年、大学は女性を大学から締め出してきた。ケンブリッジ大の女子学生の歴史を見てみよう。1869年、エミリー・ディヴィス(Emily Davis)が女性のためのカレッジであるガートン・カレッジを創設した。現在、ガートン・カレッジは共学である。

 1897年と1921年、女子学生に男子学生と同じステータスを認めるという提案が行われたが、これは認められなかった。1948年まで、女子学生は男子学生と同じコースをとり同じ試験を受けても卒業式には出席すること許されず、"titular" degrees(「肩書きのみ」の学位)しかとれなかった。1948年、最初の名誉学位が女性に授けられた。 即ち、ケンブリッジは1948年まで正規の女子学生を認めなかった。

 1998年7月の第一土曜日、私はセニット・ハウス(評議会議事堂the Senate-House)前のケンブリッジ大学出版会の書店まで出かけた。ケンブリッジ観光のメインルートである、歴史のあるカレッジが並ぶキングスパレードを歩いて、セニット・ハウス(評議会議事堂)の前まで来たら、バス数台に分乗した、黒いアカデミック・ガウンを着た老齢の女性達に出くわした。様々なエスにシティーがいる。彼女達はバスの窓から私たちの方を見て、ニコニコしている。
 
 実は、この日、女性のカレッジであるニューナム・カレッジがかつてのケンブリッジ大の卒業生のために卒業式を主催したのであった。50年以上前にケンブリッジを卒業した400人以上の元女子学生がニューナム・カッレジに女子卒業生に学位が認められた50周年のお祝いとセニット・ハウスで行われる長い間遅れた卒業式に出席するために集まった。インドネシア、イスラエル、ニュージーランド、ジンバブエから来た卒業生もいたという。

 卒業式のときは、天候にかかわらず、新卒業生は黒いアカデミック・ガウンを着て、カレッジからセニット・ハウスまで歩くのである。ニューナム・カッレジからセニット・ハウスまで歩いたら、私でも20分位かかるので、かつての卒業生達はバスで移動してきたのであろう。彼女達のとても嬉しそうな顔が印象的であった。今、ケンブリッジ大の学部生の約半分が女性だと思うと隔世の感がある。

無断転載を禁じます。 原麻里子

by anthropologist | 2007-09-30 11:21 | ケンブリッジ大学
<< ご近所の思いやり・・・犬にも躾を! トプカプ宮殿の至宝展を見て >>