原麻里子 アナウンサー、社会人類学者、慶大講師、元テレビ朝日アナウンサー、元BBCワールドサービスプロデューサー、ケンブリッジ大学院論文修士 info@haramariko.com twitter id @haramariko
by anthropologist
カテゴリ
全体
英国
人類学
ケンブリッジ大学
BBC
韓国の男女平等政策
ナショナリズム
女性と政治
日本ニュース
男女共同参画
マスメディア

ネコの散歩
アート
日本社会
ホームページ
スピーチ講座
Twitter
以前の記事
2010年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:マスメディア( 4 )

メディアのページ 社会人類学の視座から

『聖教新開』のメディアのページには下記の論考を掲載して頂きました。

映画『パール・ハーバー』のナショナリズム(2001 年7月 17日)http://www.seikyo.org/article142.html

「英国のニュース映画に描かれた大英帝国の『ナショナリズム』」(2001年11月 13日)http://www.seikyo.org/article157.html

「心にしみる映画『コウノトリの歌』」(2004年11月11日)http://www.seikyo.org/article271.html

「被爆60年特別番組を見て」(2005年8月23日)http://www.seikyo.org/article323.html

「時代を斬る女性ジャーナリストたちー2005年を振り返ってー」(2005 年12月27日)http://www.seikyo.org/article343.html

原麻里子

by anthropologist | 2007-08-21 17:55 | マスメディア

報道分析 社会人類学の視座

「報道分析 社会人類学の視座」(2003年1月から6月まで、月一回、『聖教新開』のメディア批評の論考を掲載しました)。http://www.seikyo.org/houdoubunseki.html

(1)「大学教育問題の報じられ方:取材対象の見方を超えた特集記事を」(2003年1月14日)http://www.seikyo.org/houdoubunseki01.html

(2)「『最悪の時:英国とボスニアの崩壊』の教訓:メディアは政策決定過程の透明化に寄与を」(2003年2月11日)http://www.seikyo.org/houdoubunseki02.html

(3)「リスク(危険の恐れ)の読み解き方:政治的発言と科学的発言は分けて伝えよ」(2003年3月11日)http://www.seikyo.org/houdoubunseki03.html

(4)「ブレア英首相の説明責任"能力"考:日本も情報発信・議論のできる国語教育を」(2003年4月8日)http://www.seikyo.org/houdoubunseki04.html

(5)「新学習指導要領「国を愛する心情」に思う:大衆扇情的ナショナリズムの危うさ」(2003年5月13日)http://www.seikyo.org/houdoubunseki05.html

(6)「SARS(新型肺炎)とマスコミ:道徳的検閲力を持った状況つくる」(2003年6月10日)http://www.seikyo.org/houdoubunseki06.html


原麻里子

by anthropologist | 2007-08-21 17:53 | マスメディア

アリランテレビ(テレビ国際放送)

スタッフに重要なのは英語力

b0048021_1831487.jpg



 アリランテレビは韓国のテレビ国際放送であるが、広告を含む全番組が英語放送、または英語の字幕つき放送でなされている。 そのため、記者・プロデューサーは英語が流暢のみならず、韓国語も出来なければ、韓国で取材して英語で番組やニュースを制作できない。

 私は報道センターを訪ねた。ニュース番組はアナウンサーがリードのコメントを読み、記者がリポートする欧米スタイルで、ニュースの制作も、記者が原稿執筆、映像編集、ニュースコメントの録音まで一人で行う。記者各人の英語力が問われる。

 報道センターでは、原稿を校正する米国人二人を除いて、全て韓国人か韓国系の外国人。ほぼ全員が海外で勉強した経験がある。編集デスクは四人。記者十九人の内、女性十六人、男性三人。フロアを見ると、若い女性の姿しか見えないといっていいほどである。女性記者の多くは二十代である。この他、アナウンサー三人とキャスター(編集デスク兼務)がいる。アナウンサーとキャスターは記者の中から希望者がオーディションを受けて選抜されるが、その際、重要視されるのは優雅に英語を話す力。そのため、記者よりも海外在住経験の長い人が多い傾向があり、現在、全員が女性。

編集デスクは記者に女性が多い理由について、女性は男性よりも職業的技術が優れているという。記者の入社試験は時事問題、英語を簡潔に論理的に書く能力、英語を優雅に話すこと、そして、カメラテスト。英語は正しいアクセントで正しい文法で話さなければ、その人の話していることが権威がなく聞こえてしまう。入社後、新人に英語のアナウンスの訓練はしないので、優雅な英語を話す人の採用が重要視されるのはよく分る。ブリティッシュ・アクセント、アメリカン・アクセントのどちらの人もいる。b0048021_14111290.jpg
 2007年度の採用には応募者60人の内、男性は7-8人で、最終的に、女性2人が入社した。採用の際、女性か男性かと考慮する余裕がなく、優秀な人を選ぶと女性になるという。実は、アリランの給料は少なく、英語の能力が高い優秀な男性は高給な金融関係などへ就職するからという人もいる。

(左 英国の教育のある人が話す完璧なReceived Pronouncitonでニュースを読むニュース・リーダー)


 話は元へ戻るが、報道センターでは、 これだけの人数で、平日一日5回の定時ニュース(7時、12時、16時、19時、メインニュースの22時)のほか、週末のニュース、毎週1回放送される、外交問題番組「Diplomacy Program」、バラティーニュースの「Korea Today」、時事問題番組「In Focus」も制作している。スタッフたちはかなり多忙なようだ。

 番組制作部門でもプロデューサーは英語が必要で、15人のプロデューサーの内90%以上が留学しているという。かつて、英語を流暢に話す人を探すのは困難だったが、今は、英語の上手な若者が帰国するようになったので、状況は大分良くなってきたという。しかし、元制作部長は「一番の悩みは言葉で、英語で感情まで伝えるのは非常に難しい」という。

 こちらも女性が活躍していて、今は、プロデューサーの70%が男性で、アシスタント・プロデューサーの約70%が女性であるが、このまま行けば、将来は、女性プロデューサーの方が多くなるという。

8月1日発行の「月刊民放」に、拙稿「韓国の価値観と文化を世界へー「アリランテレビ」と「KBS WORLD TV」」が掲載されています。

無断転載を禁じます。 原麻里子

by anthropologist | 2007-08-03 15:22 | マスメディア

「アリランテレビ」と「KBS WORLD TV」

8月1日発行の「月刊民放」に、韓国の国際テレビ放送に関する拙稿が掲載されています。ゴールデン・ウィークに韓国に取材に行ってきました。

論文のタイトルは、

韓国の価値観と文化を世界へー「アリランテレビ」と「KBS WORLD TV」

です。   取材こぼれ話をブログに掲載しました。


b0048021_1549576.jpg

by anthropologist | 2007-08-01 09:37 | マスメディア