原麻里子 アナウンサー、社会人類学者、慶大講師、元テレビ朝日アナウンサー、元BBCワールドサービスプロデューサー、ケンブリッジ大学院論文修士 info@haramariko.com twitter id @haramariko
by anthropologist
カテゴリ
全体
英国
人類学
ケンブリッジ大学
BBC
韓国の男女平等政策
ナショナリズム
女性と政治
日本ニュース
男女共同参画
マスメディア

ネコの散歩
アート
日本社会
ホームページ
スピーチ講座
Twitter
以前の記事
2010年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:人類学( 4 )

「リリーへの手紙」 ケンブリッジ大マクファーレン教授のインタビュー

『リリーへの手紙』について
 著者であるケンブリッジ大学社会人類学科アラン・マクファーレン教授に聞く

 マクファーレン教授は、1970年代に、人口研究を基にした『イギリス個人主義の起源』で、学者としての名声を確立した歴史人類学者。ネパール、イングランド、日本、中国を主たる研究対象にし、日英の人口に関する歴史人類学的研究、中世イングランド魔女の研究、さらには、お茶やガラスから資本主義の発展を考察する研究などを行っている。1990年以来、訪日は6回目。1941年生まれ。

b0048021_10341873.jpg
 「英国では、研究者は常に研究者を対象に論文を書いています。英語という媒体のもつ有利性もありますが、研究者は専門家を通し自分の知見を世界に広めることに興味があります。私も年齢が上がり、人生の円熟期を迎えるにつれ、一般人に知識を伝達したいと考えるようになってきました。

 2005年、私は自著15冊の本のエッセンスを一般向けにして、『リリーへの手紙』(田口俊樹訳 ソフトバンククリエイティブ 2005年)を書きました。丁度、大人になる前、大学に入る直前の少年少女たちに、世の中の見えないルールや異なる社会を説明したものです。私は、執筆時に7歳の孫娘が17歳になったときに読むという設定で、手紙を書くという形でこの本を書きました。また、私自身が西洋の人間なので、西洋の社会もよく分るようになっています。色々な社会の人にも読んでもらえるようにと思っています。この本は、日本語のみならず、北欧の4言語、韓国語、中国語(5月予定)など、8言語に翻訳されました。

 また、日本の社会がどのように機能しているかについて、英語で書かれた一般向けの本はありません。専門書はありますが、社会学、人類学の学問用語が多く、一般の人には読みにくいです。世界では歪められた日本像が形成されています。ほとんどの人が日本のことを全く理解していません。世界の異なる社会の人々に日本のことを理解してもらうのみならず、日本人自身にも、私の目を通して、外の人たちが日本をどう見ているかということを知ってもらうのは、人類学の仕事です。私は歴史人類学の手法を用いて、日本の共著者と一緒に、この本を書いています。世界で日本社会がどのように動いているのかを理解してもらうようにしたいと思っています。」
  
(2006年4月1日 赤坂プリンスホテルにてインタビュー)

無断転載を禁じます。  原 麻里子

by anthropologist | 2007-08-23 10:37 | 人類学

世界には いろいろな考え方がある

キャリア・メンターが伝えたいこと Vol.2
ー世界には いろいろな考え方があるということを理解することが大切ー

http://global.mynavi.jp/contents/special/menter/menter02-01.html

海外経験では、語学以上に、文化相対主義的考え方を身に着けることが重要とインタビューで答えました。


原 麻里子

by anthropologist | 2007-07-14 13:25 | 人類学

英語は女の仕事?―英語ハラスメント

  日本では、英語は女の仕事とされているが、これは世界的に見れば、日本のおかしな思い込みである。人類学のある理論によれば、その社会で価値の高い仕事とされているのが男の仕事であり、価値の低い仕事が女の仕事とされているという。

 英語は女の仕事というのは日本社会における先入観と偏見なのである。英国では、男女は関係なく、当該語を母国語とする人の仕事である。ヨーロッパ大陸は複数の言語を操るのがエリートの証明。日本もヨーロッパのように、英語を上手く操るのが、階級と知性を現すのであれば、英語の仕事は女という発想はなくなるのではなかろうか。
b0048021_1739962.jpg
(左 エディンバラ・フェスティバルの街頭パフォーマンス)

 私は英語は得意ではないが、人に「英語が出来る」といわれると、私を語学屋として引きずり降ろし、それ以上の仕事はさせないという陰謀を感じてとても嫌な気持ちがする。そいう言う人は、たいていは、言葉というものはどういうものであるかということを知らない、知性の欠如した人だけれども、本当に腹立たしい。


無断転載を禁じます。 原麻里子

by anthropologist | 2007-07-04 09:37 | 人類学

「リリーへの手紙」 アラン・マクファーレン著 社会人類学の概説書

『リリーへの手紙―祖父から孫に伝えたい20のことー』
アラン・マクファーレン著

 日本社会は、自らと異なる異質なものを外国人のみならず日本人のことも「世間を知らない」とレッテルを貼って排除する社会です。また、他人を非難するときに用いるそのものさしも、自分の経験や見聞の上に築かれた、自分の世界観・価値観が絶対に正しいと思う、とても自己中心的なものです。そして、多くの日本人がそのことに気付かず、自ら、生き難い社会を創っています。
 この本はケンブリッジ大学社会人類学科アラン・マクファーレン教授が、これまでの研究の集大成として、人類学の視座から現代社会の理解の仕方について、7歳の孫娘リリーが17歳になったときに読むという設定で書いた手紙を集めたものです。
 教授はこの本の中で、「愛とはなんだろう?」「友達とは?」「家族というのは、めんどうなもの?」という私たちの卑近な問題から、今、社会的に問題となっている「テロリストとはどういうひとたちなのだろう?」「官僚組織の目的とは?」「世の中にはどうして不平等があるのだろう?」「人はどうして一生懸命働くのだろう?」という20の質問に平易な言葉で答えています。
 英国では、この本がラジオで取り上げられるや否や、アマゾンでの売り上げが急上昇。各有力紙(ザ・タイムズ、インディペンデント、ガーディアンなど)も、この本を取り上げました。
 さらに、この本は、日本語のみならず、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、韓国、台湾などの各国語に翻訳され、中国本土でも翻訳が発行されました。
 残念ながら、日本語訳は抄訳で英語版の半分しか訳されていません。しかしながら、日本語版の部分だけでも、多くの読者には人類学の視座から世界には多様な考え方をするひとが多くいて、自分たちはその中では少数派であるということを教えてくれます。また、他人に理解されていないと苦しむ人たちには自分たちは決して少数派ではないということを教えてくれる救いの書としても読めます。さらに、英国理解を深めたい人には英国というのはどういう社会であるかもよく分ります。
 文化社会人類学の概説書は何冊もありますが、私は現代社会の問題を人類学の理論を用いて、これだけ平易な言葉で書いている本を寡聞にして知りません。
 マクファーレン教授は『イギリス個人主義の起源』で学者としての名声を確立した歴史人類学者です。ネパール、イングランド、日本、中国を主たる研究対象にし、人口からみた再生産研究、中世イングランド魔女の研究、日英の対比研究、さらには、お茶やガラスから資本主義の発展を考察する研究などを行っています。これまでは、専門家を対象とした本のみを書き、一般読者を対象とした本は初めてです。
 この本を通して、人類学的視座から見た、現代社会の問題への理解の仕方の一つを学べると思います。

アラン・マクファーレン著 「リリーへの手紙」 田口俊樹訳 ソフトバンククリエイティブ 2005年 1680円
Alan Macfarlane, `Letters to Lily: on how the world works` London: Profile Books 2005 7.99pounds  
本のHPはhttp://www.letters2lily.com/

無断転載を禁じます。 原 麻里子

by anthropologist | 2007-06-29 14:56 | 人類学