原麻里子 アナウンサー、社会人類学者、慶大講師、元テレビ朝日アナウンサー、元BBCワールドサービスプロデューサー、ケンブリッジ大学院論文修士 info@haramariko.com twitter id @haramariko
by anthropologist
カテゴリ
全体
英国
人類学
ケンブリッジ大学
BBC
韓国の男女平等政策
ナショナリズム
女性と政治
日本ニュース
男女共同参画
マスメディア

ネコの散歩
アート
日本社会
ホームページ
スピーチ講座
Twitter
以前の記事
2010年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ケンブリッジ大学の女子学生今昔物語

 ケンブリッジ大学が英国のメリトクラシーにとって重要な機関であるからには、女子学生のことも見てみなければいけない。

 ケンブリッジ大は女子学生が多い。 2003-4年度の学生数は(教育学部とcontinuing educationは含まれない)、学部の男子学生6015人、 51.2% 女子学生5735 人48.8% 計11751 人であり、大学院生は男子 3307人 55.4% 女子2660 人44.6 %計5967人。総計男子 9322人、52.6% 女子 8395人 47.4% 総計 17718人である。女子学生が約半分である。

 しかし、長年、大学は女性を大学から締め出してきた。ケンブリッジ大の女子学生の歴史を見てみよう。1869年、エミリー・ディヴィス(Emily Davis)が女性のためのカレッジであるガートン・カレッジを創設した。現在、ガートン・カレッジは共学である。

 1897年と1921年、女子学生に男子学生と同じステータスを認めるという提案が行われたが、これは認められなかった。1948年まで、女子学生は男子学生と同じコースをとり同じ試験を受けても卒業式には出席すること許されず、"titular" degrees(「肩書きのみ」の学位)しかとれなかった。1948年、最初の名誉学位が女性に授けられた。 即ち、ケンブリッジは1948年まで正規の女子学生を認めなかった。

 1998年7月の第一土曜日、私はセニット・ハウス(評議会議事堂the Senate-House)前のケンブリッジ大学出版会の書店まで出かけた。ケンブリッジ観光のメインルートである、歴史のあるカレッジが並ぶキングスパレードを歩いて、セニット・ハウス(評議会議事堂)の前まで来たら、バス数台に分乗した、黒いアカデミック・ガウンを着た老齢の女性達に出くわした。様々なエスにシティーがいる。彼女達はバスの窓から私たちの方を見て、ニコニコしている。
 
 実は、この日、女性のカレッジであるニューナム・カレッジがかつてのケンブリッジ大の卒業生のために卒業式を主催したのであった。50年以上前にケンブリッジを卒業した400人以上の元女子学生がニューナム・カッレジに女子卒業生に学位が認められた50周年のお祝いとセニット・ハウスで行われる長い間遅れた卒業式に出席するために集まった。インドネシア、イスラエル、ニュージーランド、ジンバブエから来た卒業生もいたという。

 卒業式のときは、天候にかかわらず、新卒業生は黒いアカデミック・ガウンを着て、カレッジからセニット・ハウスまで歩くのである。ニューナム・カッレジからセニット・ハウスまで歩いたら、私でも20分位かかるので、かつての卒業生達はバスで移動してきたのであろう。彼女達のとても嬉しそうな顔が印象的であった。今、ケンブリッジ大の学部生の約半分が女性だと思うと隔世の感がある。

無断転載を禁じます。 原麻里子

by anthropologist | 2007-09-30 11:21 | ケンブリッジ大学

トプカプ宮殿の至宝展を見て

 今日、上野の東京都美術館で開催中の「トプカプ宮殿の至宝展」へ行ってきました。今日が最終日なので、私は大変な混雑を覚悟していましたが、会場に入るのに列を作ることがなかったのは良かったです。

 随分前、ロンドンに住んでいる頃、イスタンブールのトプカプ宮殿を1日かけて見学したことがあります。ゴージャスで目もくらむような宝石などが多くありすぎて、ただ、トルコの文化は素晴らしいという印象でした。

 また、イスタンブール、特に、イズミールには西洋風の美しい女性が多くいるという印象があります。

 BBCにもトルコ語放送がありましたが、私がトルコ語のスタッフと知り合いになることはありませんでした。留学中には、アイシャというトルコ出身の女子学生の同級生がいました。女優のように美しく上品でエレガントな人だったことを思い出します。トルコのハレムでは女性たちがが美貌と才能によって上昇していくということを聴いて、彼女のことを思い出しました。

 ムスリムの国から来た男子学生たちは、「トルコの女」という言葉をいうことがありますが、これは、どういう意味があるのでしょうか?

 また、オスマン・トルコの初期、スルタンが亡くなると、兄弟間でスルタンになる激しい競争があり、スルタンが決まると、スルタンは兄弟を全員を殺したという史実には背筋が寒くなります。激しい競争があったからかもしれませんが、スルタンは極めて優秀だったとか?歴史は権力者が作ることが多いですから、これは眉唾かもしれません。でも、もし、スルタンの地位に就くのに激しい競争があれば、優秀な人が、または、策士がスルタンになったのかもしれません。日本の首相選びを見ていると、その競争も羨ましく思えます。

by anthropologist | 2007-09-24 23:01 | アート

日英素人音楽演奏 徒然草

 ミュージカル「エリザベータ」というのは、オーストリア皇妃の悲劇の物語。ウィーンで創られたもので、東宝や宝塚が上演しているので、ご存知の方も多いと思います。

 来年2月に、私が入っているミュージカル・ソングのクラスではミュージカル「エリザベータ」の発表会を行うべく練習に励んでいます。私はジャーナリスト兼回し役のルキーニ役を一部演じます。メインのルキーニはかつて劇団員だったセミプロの方がやります。私の担当部分はとても難しくて苦労しています。夏休み中に、出演者は皆、先生の特別個人レッスンを受け、大分形になってきました。

 2年前に「キャッツ」の発表会をして、私たちはそれに味をしめてやっています。舞台をやるというのは本当に楽しいものです。

 子供時代、私は12年半もピアノを習っていたのに、歌のクラスに通い始めたときは、楽譜が読めなくなっていました。大ショック!かつての日本のピアノ教育は子供を叩いたり泣かせたりして、あまりに厳しくするから、大人になると音楽嫌いになるということを読んだことがありますが、私もその一人。ピアノを辞めてからは音楽に親しむことはありませんでした。クラシック音楽は聴くのもいやというほどのアレルギーになってしまったのです。

b0048021_11402612.jpg
(左はエディンバラ・フェスティバル)



 でも、ロンドンに住んでいた頃は、ミュージカルのみならず、クラシック音楽のコンサートやオペラへよく行っていました。英国では、こうしたところへ行くのが中産階級の社交生活であり、私もよく誘われて行ったわけです。

 私が留学したときに気づいたのが音楽というのは楽しむものということ。カレッジの音楽クラブの発表会でも出演者が楽譜を忘れて最初から引き直したり、二人合わせての出だしが上手くタイミングが合わずにやり直したり。それを皆がワインを片手に楽しむ。日本の機械がピアノを弾くような発表会とは大違いでした。

 今、日本では子供たちはどんな風に音楽の個人レッスンを受けているのでしょうか?



原麻里子 無断転載を禁じます。

 

by anthropologist | 2007-09-20 11:43 | 英国

横須賀基地で見た盆栽

 この夏、私は大学教育の教科書つくりのプロジェクトに参加しています。教科書というのはこのように企画していくのかと勉強ばかり。項目を考えたり、執筆者を選考してお願いしたり。多くの大学で使って頂けるようにと努力しています。出版は2009年3月頃を予定しています。気の長い話です。

 下の写真は、今年8月初めに、横須賀の米軍基地軍艦訪問の際、軍艦の中にあった盆栽です。こんなところに盆栽がと驚いて写真を撮りました。

b0048021_227738.jpg

by anthropologist | 2007-09-14 22:12 |

朝顔

この夏、久しぶりに、朝顔を育てました。花が咲かなくて、私はガッカリしていましたが、3-4日前から、花が咲き始めました。我が家の近くの朝顔はどこも花をつけていませんでしたが、我が家と同じ頃、一斉に花を付け出しました。我が家周辺の夏が暑すぎたのかもしれません。自然界の不思議です。午後の撮影なので、花が少し萎れてしまいました。

b0048021_2124973.jpg

by anthropologist | 2007-09-14 21:25 |

英語のアクセント

―海外では、話し相手の発音やイントネーションが違うだけで「分かろうともしない、聞こうともしない」人々を沢山見てきましたが、日本では、日本語の出来ない私が何か伝えようとしても、皆さん一生懸命「分かろう」としてくれます。―

 これは、『文藝春秋』(2006年9月号)に掲載された『ゴーン家の「夫操縦法」教えます』での リタ・ゴーン(カルロス・ゴーン夫人)とリシャール・コラス(シャネル社長)の対談にでてくる、ゴーン夫人の言葉です。(p176)

 正に、英国では人はその人の話す英語を聞いて、話を聞くか交渉がまとまるかが決まるというほどです。勿論、日本の大企業の看板を下げている人はどんな英語を話しても、商売ならば、交渉はまとまるかもしれませんが、これはお金の力です。

 この点を理解しないと、特に、英国では交渉において非常に厳しいことがあります。日本人に交渉を代理してもらうときは、その人の英語のアクセントや発音や文法通り話すかなどに気をつけないといけません。

 英国の学校では、長年、アクセントのおかしな児童・生徒を笑いものにし、その子達に恥ずかしい思いをさせて、アクセントを直してきました。今では、そのやり方は子供の心を傷つけるといわれ、正式の学校教育では用いられていませんが、英国人の心の中には、まだまだ、アクセントを笑いものにする習慣が強く残っています。ですから、留学中、私は労働者階級出身の英国人学生の声をほとんど聞いたことがありません!また、電話をかけてきた人の英語のアクセントが可笑しいと、電話を取り次ぐ人の中には電話口で聞こえよがしに、その「奇妙な」アクセントを真似して物笑いの種にしたりする人もいます。そこまで、酷く無くても、電話をかけてきた人を「この人は変なアクセントがありますね」といって、電話を取り次ぐことはよくあります。こんな状況で、「奇妙な」アクセントで英語を話す人が交渉して、自分たちに有利なように交渉がまとまるでしょうか?
b0048021_1816722.jpg
21世紀になって出された英国の社会学の論文でも、学部で英文学、大学院では英語教育を学んで成績優秀(ファースト)で卒業した労働者階級の女性小学校教員が、他の教員たち(複数)に、「そんなアクセント(労働者階級のアクセント)で、よく、英語を教えられるな・・」といわれるという話が出てきます。

 英語はアクセントなんて関係ないという人もいますが、そういう人は本当の英国文化を理解していないような気がします。日本では他人の話す日本語を聞いて、「訛っている」と笑いものにすると、笑いものにした人の品性が問われますが、英国では異なります。ですから、「英語は出来ません」という人に英語の仕事は頼まないことです。「英語は出来ません」という人は英語に厳しい文化を知っているのです。

無断転載を禁じます。 原 麻里子

by anthropologist | 2007-09-09 18:18 | 英国

コンビネーション・ルーム

 ケンブリッジ大学のカレッジでは、フォーマル・ホールのときも、日常的にも、人々は食事が終わると、コンビネーション・ルームでコーヒーを飲みながら、新聞や雑誌を読んだり、雑談をしたりする。

 コンビネーション・ルーム(自治運営組織・談話室)というのはクラブルームのようなものである。

b0048021_1302636.jpg

   (ウルフソン・カレッジのコンビネーション・ルームで新聞を読む)

by anthropologist | 2007-09-07 13:01 | ケンブリッジ大学