原麻里子 アナウンサー、社会人類学者、慶大講師、元テレビ朝日アナウンサー、元BBCワールドサービスプロデューサー、ケンブリッジ大学院論文修士 info@haramariko.com twitter id @haramariko
by anthropologist
カテゴリ
全体
英国
人類学
ケンブリッジ大学
BBC
韓国の男女平等政策
ナショナリズム
女性と政治
日本ニュース
男女共同参画
マスメディア

ネコの散歩
アート
日本社会
ホームページ
スピーチ講座
Twitter
以前の記事
2010年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マルコフ毒殺事件ー英国の有名な未解決の殺人事件


 今、英国とロシアは、ロシアの元情報将校リトビネンコ氏の毒殺事件を巡って、外交官を国外追放にするというという緊張関係が深刻化している。これはBBCのブルガリア放送のプロデューサーマルコフ氏殺人事件を思い起こさせる。マルコフ氏は東側諜報機関によって毒殺されたといわれていた。スパイ小説さながらの事件であった。

ゲオルギ・マルコフーブルガリア前共産党政権批判勢力のシンボル

ブッシュ・ハウスでは東側の反体制派の知識人は数多く働いていたが、その中では、ブルガリア語放送のスタッフであったゲオルギ・マルコフが最も有名であろう。

 マルコフはブルガリア時代は著名な劇作家・小説家であったが、一九六九年に西側に亡命。ロンドン移住後は、ワールド・サービスのブルガリア語放送のみならず、自由ヨーロッパやドイツの放送局のために働いていた。マルコフは放送の中でブルガリアの共産党政権を強く非難し、特に、当時のトドル・ジフコフ国家評議会議長の政治を独裁的と厳しく批判した。マルコフの放送はブルガリアにおける反体制派の活動を鼓舞するものとみなされていた。一九七〇年代に、
ジフコフ議長は国家評議会でマルコフのラジオ放送を中止させたいと語ったといわれる。

一九七八年九月七日、マルコフはロンドンのウォータールー・ブリッジのバス停でバスを待っているとき、傘に仕込まれていた毒薬リチンを体内に打ち込まれ、死亡した。四九歳であった。
彼の死について調査した検視官はマルコフは「非合法的に殺害された」と結論付けた。これは、KGBとブルガリアの秘密警察の仕業であると広く信じられてきたが、犯人は不明であった。一九八九年、共産党政権崩壊後、ブルガリア内務省で大量の改造した傘が発見された。

 一九八九年晩秋、私はマルコフ関連番組制作のため、英国人の妻アナベル・マルコフ夫人を訪ねた。かつて、BBCのスタッフであったアナベルは、ロンドン南郊クラッパムのミドルクラスの住宅街に、二人の愛娘サーシャと住んでいた。

 アナベルは、マルコフが攻撃された九月七日はジフコフ議長の誕生日であり、二日後のブルガリア共産党政権樹立記念日にマルコフが死ぬことが意図されていたが、マルコフは、それよりは少し長く生き、殺害者の意向を挫いたと話した。九月十一日、マルコフは亡くなった。

 一九九八年九月、マルコフの死後二〇周年にあたり、当時のブルガリアのストヤノフ大統領は、BBCに対し、マルコフの暗殺は前共産主義政権時代の最も暗い事件であると語った。そして、ストヤノフ元大統領は、ブルガリアの元秘密警察が証拠を隠滅したとしても、ブルガリア当局はこの事件の捜査を続けると述べた。 しかし、マルコフの死に関するファイルは大量に処分され、また、それに関与した人は自殺していた。二〇〇〇年に、ブルガリアでは、この事件の捜査は打ち切られた。

 これは、英国の最も有名な未解決の殺人事件であったが、その容疑者が浮かび上がってきた。二〇〇五年五月六日の「サンデータイムズ」によると、ブルガリアの日刊紙(Dnevnik)が、秘密警察のファイルの内容をリークし、マルコフ殺害の容疑者を割り出した。 ソフィア在住のジャーナリストが六年かけた調査で発見した書類によれば、共産党時代、ブルガリア秘密警察がイタリア生まれのデンマーク人エージェントにマルコフ殺害を命じたという。これは、ジフコフ議長が正式に許可した政治的暗殺の一つであった。 このリークを受けて、スコットランドヤードは「入手可能な新しい情報」を調査中であると発表した。

 今でも、マルコフはブルガリア人にとっては、前共産党政権を批判する人たちのシンボルであり続けている。

原 麻里子 「BBCワールド・サービス」(『ソフィア』第54巻第2号) 2005年夏季号 pp.213-15 無断転載を禁じます。

# by anthropologist | 2007-07-19 16:07 | BBC

ケンブリッジ大学詣で

 ケンブリッジ大学は国際的知識システムの中核に位置している。研究者たちは高度な研究や「再研修」を行うために中心大学に移動する傾向がある。だから、リサーチ・ディグリーを取得した人たちは、海外に在住していても、「ケンブリッジ詣で」といえるほど、大学に帰ってくる。特に、一度、ケンブリッジへ訪問研究員としてきた日本人の先生方は毎夏のようにケンブリッジへ帰って来る。

 ケンブリッジへ行けば、街、図書館、学部、カレッジで、昔の仲間に必ず会う。学問の世界に進んだ人たちにとって、ケンブリッジは巡礼の地であるようだ。ケンブリッジには人と人の接触があり、アイディアの交流があり、知的刺激がある。世界中から研究者たちが自分の新しい発見・知見を持って集まって来る。ここで、彼らは情報を交換し、新しい知見を作って帰っていく。

 ケンブリッジ大学は国際的な知のネットワークの中心的存在として機能するために、卒業生のために、学問的・知的インフラストラクチャー(図書館、学術出版社、実験室など)を整え、使用可能にしている。ケンブリッジから学位を取得した人たちは大学図書館から1回に10冊の本を8週間借りる権利がある。そして、休暇中ならば、カレッジの開いた部屋に泊まり研究に励むことが出来る。ウルフソン・カレッジでは学期中に2回フォーマルホールで食事が出来る。
 
 ケンブリッジは卒業生達が大学に戻ってきた時、リサーチをしやすい環境を整えることで、全世界から情報が集まって来るようなシステムを創るのがうまい。ケンブリッジ大学は知のネットワークの中心的存在として機能するめのサービスは怠らないようだ。

無断転載を禁じます。 原 麻里子

# by anthropologist | 2007-07-17 16:12 | ケンブリッジ大学

英国での海外研修

 私が英国へ初めて行ったのは、大学3年の夏休み。ルフトハンザ航空でフランクフルトまで飛び、そこで英国の航空会社の小さな飛行機に乗り換え、ヒースロー空港へ向かった。私は英国でのホームステイつきの語学研修とヨーロッパ旅行を一体化したツアーに参加した。英国に3週間、その後、フランス・スイス・イタリア・ギリシアを3週間で旅して回るという盛り沢山のツアー。私には最初の海外旅行であった。

 ホームステイ先はロンドンのビクトリア・ステーションから急行で1駅のイースト・クロイドンであった。私は現地で買った靴が足に合わず、豆が出来きたのが潰れて化膿し、私は病院へ1日おきに一人で通わなければならないというとんでもない経験をした。勿論、最初はホームステイ先の人が病院へ連れて行ってくれたが、後は一人で通った。今から考えると、英語も出来なかったのに、よくも、そんな大胆なことが出来たと思う。あのときの私は20歳。怖いもの知らずだった。

 語学学校へ通ったのは2週間。先生はニュージーランド人で、いきなり、教室の学生の使う机に座って教科書を私たちに投げて寄越したのには、開いた口が塞がらなかった。私は母の叔母などに、「本を大切に扱わなければならない」などと、いつも言われていたので、小学校からなんと大学時代まで、教科書や参考書にはカバーを掛けて使っていたので、物凄いカルチャーショックであった。

昨今、各大学が語学研修として、大学教員が学生を海外へ引率する、英会話と観光旅行をミックスしたコースを提供している。女子短大や女子大では、それを売り物にしていたりする。しかし、中には現地でも日本から引率した日本人の先生が「英会話」を教えるなどという酷いのもある。この場合、大学は学生を騙して酷いように思えるが、引率を強いられる教員は、まるで、「女工哀史」のような酷い労働条件で働かされているのである。

 私の学生時代の経験からいえば、確かに1週間目を過ぎた頃から、私は突然簡単な「英会話」を話せるようになった。しかし、本当は、1-2週間位、海外で「英会話」を勉強しても、大して役には立たない。帰国したら、英語を忘れてしまうからである。

 重要なのは、私が経験したように、ニュージーランドの女性教師の行動のように、私達から見ると、「いけない」とされている行動をごく当たり前のようにするのを目の当たりに見て、今まで、自分が常識と思っていたことが、決して、常識ではないという、ある意味、文化相対主義的な考え方を学ぶことだと思う。
 
 だから、英国やアメリカへ行ってまで、日本人教員に「英会話」を習っても、何にもならないのである。勿論、引率する学生を選抜し、英国の大学ときちんと提携して、教育・試験まで行っている大学もあるので、すべての海外研修が無意味なわけではない。私自身も、この時、将来は、絶対に、英国の大学に留学をしようと決意したので、私の人生に大きな影響を与えたのは確かだ。

 ところで、その後、BBCでの研修や大学院で多くの講義を受けてきたが、教員が学生に本や資料を投げて寄越したことは一度もない。先のニュージーランド人が英国教員の普遍的な姿とは云えない。

無断転載を禁じます。 原 麻里子

# by anthropologist | 2007-07-15 21:13 | 英国

ケンブリッジ大学  スーパービジョン・システムの将来

 ケンブリッジ大学の学部生は、カレッジが学生を選考して採用するので、カレッジのフェローたちは学生に対し責任感や使命感をもつという。 スーパーバイザーはカレッジのフェローとなり、食事が無料になったり、住居を無料で与えられたりと様々な特典がある。就職や大学院進学の際、推薦状を書くのはスーパーバイザーなので、学生も一生懸命やらなければならない。

 しかし、このスーパービジョン・システムの将来は明るくない。1つは、スーパービジョンを担当するフェローや特定のプロジェクトのために雇用された博士号を取得したばかりのポスドクなどがスーパービジョンに伴う時間と労力をわずらわしく思うようになってきた。特に、就職先を探さなければならないポスドクやフェローにとっては、良い研究論文を書かなければならないというプレッシャーは強い。

 もう一つは、エリート主義的な性格を残すカレッジに対して、政府や政治家は批判的である。 スーパービジョン・システムは、非常に費用がかかるので、これまで、両大学は政府から大学生1人当たりにつき高額の授業料を受け取ってきた。しかし、大学間の公的資金の公正な配分を求めて、スーパービジョン・システムに対する政府の優遇政策は縮小されることになった。

# by anthropologist | 2007-07-15 08:43 | ケンブリッジ大学

世界には いろいろな考え方がある

キャリア・メンターが伝えたいこと Vol.2
ー世界には いろいろな考え方があるということを理解することが大切ー

http://global.mynavi.jp/contents/special/menter/menter02-01.html

海外経験では、語学以上に、文化相対主義的考え方を身に着けることが重要とインタビューで答えました。


原 麻里子

# by anthropologist | 2007-07-14 13:25 | 人類学

ケンブリッジ大学 スーパービジョン

 ケンブリッジ大学とオックスフォード大学に特徴的なものとして、個人指導がある。これを、ケンブリッジではスーパービジョン、オックスフォードではチュートリアルと呼ぶ。

ケンブリッジ大学の社会人類学科の学部生は、各学期週平均2回ずつ、スーパービジョンを受ける。学生はスーパービジョンに備えて、1週間に2本ずつエッセイを書くことになる。最後の1学期、学生は試験勉強を兼ねて、より多くのエッセイを書く。スーパービジョンがあるので、学生は講義には出席しなくても、勉強をこなせる。スーパービジョンは、1回1時間が普通である。グループの学生の人数は、1人から4人など様々で、決まりはない。

 学生はスーパービジョンのためにエッセイを書き、スーパービジョンを受けながら試験に備えていく。学生は授業に出席してもよいし、図書館で調べて自分で勉強してもよい。英国では、大学での専門は何かと訊くときには、「あなたは、何を読みましたか?」と、read(読む)という単語が使用される。この言葉が示すように、学生は大量の本や論文を読むことを求められる。

 エッセイの問題は、スーパーバイザーがセミナーのシラバスに記されたスーパービジョン用の課題や過去の試験問題から適当なものを選ぶ。エッセイを書くことが期末試験のための勉強になっている。学生は与えられた質問に答えるエッセイを書く。その際に、シラバスに掲載されている本をなるべく用いることになっている。エッセイの長さは決まっていない。学生はエッセイをスーパービジョンの前日までに、スーパーバイザーにエッセイを提出しなければならない。

 ケンブリッジには学問書の品揃えの豊富な書店が多い。ケンブリッジの卒業後、私は気付いたのだが、ロンドンへ行くと、学問のポイントだけ書いた書物が多くある。ケンブリッジでも、リーダーと呼ばれるあるテーマに沿った論文や本の抜粋が掲載されているものは置いてあるが、あまり手軽に勉強できる本は売っていない。ロンドン大学SOASの教員に、「ロンドンには、かなりこうしたお手軽な本が多いですね」といったら、その教員は、「そう、私はいつも学生達がこういうジャンクを使うのではないかと怯えているのよ」と話していた。

 カレッジの学部生の勉強部屋を訪ねても、こうした簡単な本を使ってエッセイを書いたり、勉強をしたりする学生はいないようであった。日本のように、インターネットから適当に引用してエッセイの宿題を誤魔化す学生は、皆無とはいえないであろうが、いないようだ。

 スーパービジョンでは、学生はスーパーバイザーとエッセイについて議論をしなければならない。だから、学生がエッセイにいい加減なことを書いたりすると、スーパーバイザーに、言葉の定義を鋭く訊かれたり、内容についての厳しい質問がなされ、徹底的に絞られる。しかし、学生と教員の主張が異なるからといって、学生が自分の思考をきちんと弁護できれば、無理に考えを変えさせたりしない。

 西欧における伝統的教養である弁論・修辞学を習得しなければ、社会のエリートにはなれない。従って、学生達も適当にエッセイを書いて、これらのスキルを磨く機会を失ってはもったいない。こうした教育を今でも個人指導で行っているのは、オックスブリッジだけであるから、選ばれたものだけが受けられるエリート教育ともいえよう。 (続く)

b0048021_1549408.jpg

    (社会人類学科のパーティーで)

無断転載を禁じます。 原 麻里子

# by anthropologist | 2007-07-14 11:20 | ケンブリッジ大学

英語ー新しい単語の誕生と導入 

 英国人は英語に非常に煩く、厳しく、文法、発音でその人の教養や知性、能力を判断する。

 しかし、その一方で、英語は新語をこだわりなく受け入れるところがある。ラジオのDJは、流行り言葉を造るし使う。ある時期、DJが頻繁にjolly good(素晴らしくいいね)を連発し始める。すると、しばらくして、ケンブリッジの50代の有名教員が授業中に、その言葉を用いたりする。世界最高の英語の使い手たちも、これは正しい英語ではない、なんてことを言わずに、新しい流行の英語表現を受け入れていく。

 ロンドンに駐在したころは、ロンドンではlovelyのオンバレード。何を云っても、lovelyと答えてくる。時差があって、留学した頃、ロンドンでは、もうlovelyは使われなくなってきたが、ケンブリッジでは、lovelyが市場などへいくと、よく使われていた。その後、ロンドンでは、superbが大流行。OKの代わりみたいのものであるが、1年以上遅れて、ケンブリッジでもsuperbが使われるようになった。

 BBCの有名なニュースキャスターであるジェレミー・パクスマンは、イングランド人は英語の変幻自在な能力を受け入れるのみならず、英国のみならず、英国以外の土地でも、英語の新しい単語の誕生を喜び、それを、進んで、英語の中に受け入れてきたという。この新語を貪欲に取り入れていくあたりにも、イングランドの異なる意見や人を受け入れて、自分の力にしてしまう能力が発揮されている。

 
無断転載を禁じます。 原 麻里子

# by anthropologist | 2007-07-13 15:43 | 英国

「あなたの英語は分からない」 (英国)

 英国人は、自分の都合が悪くなると、直ぐに、「あなたの英語は分からない」という。ケンブリッジ大学の学部で経済学を学んだドイツ人の友人がシティの投資銀行で働くようになった。ドイツ人だから、英語は上手い。ロンドンで、その彼がテニスのラケットを買いに行った。細かい話は忘れてしまったが、彼は店員にグリップが気に入らなかったので、異なるのが欲しいといったら、店員が「そんなのはない」というので、友人が「いや、あるはずだ」といったら、なんと、店員は、「あなたの英語が分からない」と言ったそうだ。後から、別の店員が出てきたので、彼がその店員に聞いてみたら、欲しいものが手に入ったといっていた。

 私もロンドンでクレームをした時に、20歳位の英国人の男の店員が「あなたの英語が分からない」というから、「この国では、クレームをすると、すぐに、「あなたの英語が分からない」というのねー」と言ったら、その店員、悪びれもせず、「そう言ったら楽だからね」って言っていた。

 日本の大銀行や証券会社に派遣されているに日本人や優秀な製品を作るメーカーの担当者が英国人と交渉をするときは、圧倒的に、その会社の中身や商品などが魅力的であるから、日本人の話す英語が訛っていても発音や文法が正しくなくても、商談は成立するかもしれない。しかし、自分の方が圧倒的に有利でないならば、そして、相手の土壌で仕事を進めるときは、日本人といえども、正しい発音で文法通りきちんと話し、書いたほうが絶対に良い。というか、そうでなければ、まず、交渉は相手ベースになると思わなければいけない。そこで、シェークスピアの名文でも引用したり、少し、フランス語やラテン語でも交えて、仕事をしてもらったほうが、評価はグーンと高まるのである。

b0048021_1641668.jpg

(エリザベス女王の公式誕生を祝すTropping the colour)


無断転載を禁じます。 原 麻里子

# by anthropologist | 2007-07-13 15:11 | 英国

参議院議員選挙の投票へ行こう!

今日から、参議院議員選挙が本格的にスタートしました。

 多くの日本人は気付いていないような気もしますが、日本社会は、どこからどこまで男社会です。昨今のジェンダーバックラッシュを見ても、政治がこうした女性の置かれた状況を好転させる措置をとるどころか、改悪へと動いています。

 三井マリ子さんの「男を消せ!ーノルウェーを変えた女のクーデター」(毎日新聞社)を読みました。本の帯にあるように、まさに、「ノルウェー政界では、なぜ、女性が大躍進できたのか。そこには、女たちの驚くべき作戦があったー」 のです。是非、皆さんに読んで欲しい本です。

  私は韓国の女性議員に関する研究をしていますが、どの国も女性議員を増やすために、努力をしています。

  日本でも、政策決定の場である議会に女性議員がさらに増えないと、女性の置かれている現状は決してよくはなりません。しかし、自分さえよければいいと自分の出世だけしか考えず、女性の尊厳を認めない男性たちの言葉を語る女性議員がいくら増えても、改悪を進めるだけです。ですから、女性の地位の向上を考える女性議員、そして、同様な男性議員が増えなければいけないのです。

 女性政治家を増やす運動をしている、市川房枝元参議院議員の秘書を長年していたベテランの方にお目にかかったとき、その方は、「参政権を持つ数は女性の方が多く、投票率も女性の方が高いのです。今の政治を作っているのは女性といってもいいのですよ」と。私たちはこの言葉をしっかりと胸に刻み、参議院議員選挙の投票に行こうではありませんか。


無断転載を禁じます。  原 麻里子

# by anthropologist | 2007-07-12 08:47 | 女性と政治

ケンブリッジ大学 英語

 英国は英語に厳しい国である。英国では、英語の使い方で、その人物が評価される。ケンブリッジでも、日本人の間で日本人の書いた論文についてよく言われる言葉は・・・、「理科系の教官は、リポートが出来次第、ひったくるように取って読んで、英語を直してくれる。社会科学系の教員は、まあ、論文を読んでくれる。英文学者はとにかく美しい英語で書かれた論文でなければ、見向きもしない」というのである。
 
 社会人類学科でも、ゼミの発表の時に、教官から「美しく書かれている」(beautifully written) という褒め言葉がでる。私は書くのに精一杯なのにと溜息をついた。

 あるとき、大学院生と教員が集まるシニア・セミナーでジャマイカ出身の若手研究者が大変良い発表をし、優秀であるとみなされ、好評であった。英国人の女子学生は、それが不快だったようだ。「彼女ってジャマイカのアクセントが強いわよね」と言う。その言葉には、元英領植民地出身の非白人との差別感も含まれているし、英語が訛っているようなら、そんなに論理的で頭がいいということはないんじゃないのということを示唆している。

 私は、この話を、グラデュエイト・ユニオン(大学院生組合)の英語クラスの先生に話したら、その先生は、「そのジャマイカの学生は優秀なんでしょう」とずばり。英国人の女子学生がそんなことを言うのは、嫉妬心が基であると指摘した。内容が良ければ、アクセントがあっていてもよいということは、外国人に対してもない社会である。

無断転載を禁じます。 原 麻里子

# by anthropologist | 2007-07-12 08:06 | ケンブリッジ大学